【撮影レポ】旭川市 骨盤矯正サロン ホームページ用撮影ってどんな感じでやっていくの?

こんにちは。

フォーワンフォトデザインの増田志保です。

今日は、6月に旭川市に新規オープンする骨盤矯正サロン様のホームページ用撮影でした。

施術の一連の流れに沿って撮影していきました。

今日は、撮影レポを兼ねて、ホームページ用の撮影ってどんな感じでやっていくのか?

実際の撮影写真を交えながらお伝えしていこうと思います。

ホームページを見てくれたお客様が知りたい情報って何なのか?

あなたが初めてのサロンに行こうと思ってる時。

何が一番の決め手になっていますか?


サロンを選ぶポイントって人それぞれで、サロンの内装の雰囲気で選ぶ方もいるでしょうし、人で選ぶ方もいると思います。

でも、シンプルに言えば、知りたい情報がそこにあるかどうかっていうのが大事ではないかなって思います。


「そのサロンに行けば、どんな事をしてもらえるの?」
      
「自分の抱えている悩みはそこで解決できるの?」


お客様が知りたいことの基本はここだと思います。

写真で伝えるメリットとは?

まだサロンに行ってないけれど、施術を受けた時のイメージが出来ること。

どんな事をどんな流れでやっていくのかがイメージできると、安心できます。

そして、施術を受けることで自分がどうなるかがわかると希望になります。


逆にイメージ出来ないって、不安です。

自分がどうなるかがわからないのですから。


イメージ出来ない理由は、情報不足か伝えてるけど伝わっていないからです。


写真のメリットは、施術の様子を視覚的に伝えることができること。

頭で考えなくても直感的に感じることが出来ます。

写真撮影のポイント①「人を伝える」

どんな人がやってくれるのかも、お客様が知りたい情報の一つです。

撮影では、施術者も必ず撮っています。


出来れば笑顔の写真がいいです。

やっぱりムスっとした表情の人よりも、笑顔でお話してくれる人の方が嬉しいですもんね。
   
ホームページは、来店前の不安を安心に変える役割を担っています。

写真撮影のポイント②「空間」を伝える

行ったことがないサロンというのは、室内の雰囲気がわからないという不安もあります。

中が見えないお店って入りにくいです。

ここでも、空間や雰囲気を伝えることで安心してもらえます。
    
人の好みはそれぞれなので、先に雰囲気を伝えておくことで、その空間を好きだなって思ってくれる人が来てくれます。

伝えておくことで来てもらいたいお客様を絞れるというメリットもあります。

撮影をスムーズに進めていくためにやっておくこと

人を伝える。

空間を伝える。

施術の流れを伝える。


伝えるポイントがわかったら、それを書き出してみること。

撮ってほしいリストを作って、カメラマンに伝えておくと撮影がスムーズに進みます。


「あれ?あと何を撮ればいいんだっけ?」

と慌てることもなくなります。


更に、このリストを作るのと一緒にやってほしいのが、イメージ写真を見つけること。

言葉だけでは、お互いのイメージが一致しないこともあります。

出来れば自分のイメージに近い画像をネットや雑誌なので探し、認識を合わせておくこと。

イメージ通りの写真になるように、撮影前のこの作業をやっておくことをお勧めします。



いかがだったでしょうか?

もう一度まとめると、ホームページ用の撮影では、

・お客様の知りたい情報をいかにわかりやすく伝えられるか。

・よりイメージに近づけるために、撮影前にカメラマンと打ち合わせを行うこと。


ここが重要なポイントになります。

選んでもらえるサロンになるために、ホームページ用の写真でしっかり伝えていってくださいね。

最後までお読み下さりありがとうございました。


フォーワンフォトデザイン

増田 志保