【制作実績】商品販売サイト制作*広島県東広島市美容室リタニコ様

こんにちは。
フォーワンフォトデザインの増田志保です。

撮影のためには自らモデルになることもしばしば!(^^)

    
今回は制作実績のご紹介をさせて頂きますね。

広島県の美容室リタニコ様のオリジナルコスメサイト「RITANICO COSME」を制作させて頂きました。

ご紹介も兼ねて、サイト制作をどんな感じでやっていくのかを流れに沿って紹介していきますね。

1.何を伝えるためのWEBサイトなのかをはっきりしておく

WEBサイトを作る時に一番最初に確認しておくのが「何を伝えるためのものなのか」をはっきりさせておくことです。
    
簡単なようですが、これはサイトの核(軸)となる大事なもの。

ここをしっかり決めておかないと、制作中に方向性がブレてしまうことがあります。

今回は「商品を売るサイト」として、お互いの認識を合わせました。

2.誰に伝えるためのWEBサイトなのか?ターゲット客(ユーザー)を決める

何を伝えるためのサイトなのかが決まったら、次はそれを誰に伝えるか?です。

今回はまずシンプルに「くせ毛でお悩みの方」でした。
    
ここから更に進めていきます。


    
「くせ毛の方はどんなことで悩んでいるのか?」

くせ毛の人の悩みを考えていきます。

     
・パサパサして髪が広がってしまい、まとまらなくて悩んでいる

・縮毛矯正をやり続けることに疲れてしまった

・くせ毛を活かすに活かせなくて困っている


などなど、どんどん考えていきました。

このお悩みによっては、発信する内容も変わってくるので、ここもしっかり決めておく事です。


今回は、

「くせ毛を直したり隠したりするのではなく、活かしたい人」

に向けて、くせ毛の活かし方を伝えていくことにしました。

3.ターゲット客(ユーザー)が知りたい情報は何なのか?WEBサイトの中身(コンテンツ)を考える

誰に伝えるのかが決まったら、次に「その人が知りたいであろう情報は何か?」という事を考えていきます。

商品を購入しようかどうかを検討してる人が知りたいのは、やっぱりその商品自体のことでしょうね。

商品販売サイトではここを伝えるのが基本です。
    
・商品ラインナップ
・商品の特徴(使用感、香りなど)
・価格
・内容量
・使用方法

・その商品を使ったらどんな風になるのか?


また、商品以外の情報としては

・注文方法
・会社概要(誰が売っているのか?)
・特定商取引

などが挙げられます。


誰に何を伝えるのかをしっかり決めておけば、必要なコンテンツを作りやすくなります。

4.WEBサイトのイメージを決める外見をどうするか?

WEBサイトのイメージは、使う写真、使うフォント、使うカラーによって変わってきます。

どんな風に見せたいのか?

イメージを決めて、そのイメージに合ったものを使っていきます。


・マイナスに捉えがちなくせ毛を、おしゃれに魅力的に見せること

・お店のホームページと雰囲気を合わせること


ここを意識して作っていきました。


また、文章だけでは伝わりにくいことも、写真があると伝わりやすくなります。

今回は、コンテンツに合わせた写真撮影もさせて頂きました。

5.イメージ通りにデザインしていく

ここまで決まったら、次は導線を考えながらレイアウトしていきます。

最後はイメージ通りにデザインしていく作業です。

最初に方向性を決めているので、間でブレがないか確認しながら仕上げていきます。



リタニコ様にもご確認頂き、出来上がったサイトがこちらです。

オリジナルコスメサイト「RITANICO COSME」

ぜひご覧になってくださいね。


最後までお読み下さりありがとうございました。

フォーワンフォトデザイン
増田 志保